HOME 〉 会社情報 〉 沿革

沿革

1967昭和42年12月創業者 河村 清が、電気絶縁基材の製造会社として設立
1968昭和43年3月三重県四日市市西大鐘町330番地に工場建設開始
5月創業(創業記念日 5月10日)
1986昭和61年12月四日市本社新工場 竣工
1988昭和63年2月資本金8,000万円に増資
1990平成2年 11月上石津工場 竣工
1992平成4年 1月TAB用途向け資材の加工販売開始
10月モールド形VT・CTの受託生産開始
1997平成9年 2月プラズマ表面処理の受託加工開始
2000平成12年 8月四日市本社にクラス1,000クリーンルームを備えた増築棟 竣工
2003平成15年7月かずさ工場 竣工
2004平成16年11月ISO14001を取得
2005平成17年5月四日市本社新工場 竣工
2006平成18年4月「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」(経済産業省)に選定
2008平成20年9月独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
イノベーション推進事業「産業技術実用化開発助成事業」採択
ISO9001を取得(絶縁加工部門)
2010平成22年8月ISO9001を取得(上石津工場)
10月次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみん」マークを取得
2015平成27年4月次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみん」マークを取得(2度目)
9月 ISO9001を取得(四日市工場全体に拡張)